北麓草水

  • English
  • 简体中文
よくある質問

よくある質問

店舗について

商品の取扱店を教えてください。
商品は、下記店舗でお買い求めいただけます。ゆったりとした空間で、ご自身の肌の状態を確認したり、洗顔石けんの泡立ちを実際にお試しいただくことができます。
北麓草水 KITTE丸の内店
北麓草水 ルミネ新宿店
北麓草水 横浜店
北麓草水 名古屋ラシック店
北麓草水 あべのsolaha店 (2017年1月29日閉店)
北麓草水 ルクア大阪店
北麓草水 ラシック 福岡天神店

商品サンプルについて

商品の無料サンプルはありますか?

2日間サンプルセットをご用意しております。
キメ細かい泡の洗顔せっけんと、すみやかに潤いバランスを整えるモイストタイプ、豊かな潤いで肌を満たすディープモイストタイプの2タイプの化粧水と乳液の各2回分のセットです。

セット内容:ウオッシングソープ12g、バブルソープネットSSサイズ、
モイストローション1.5mL×2包、モイストエマルジョン1.5mL×2包
ディープモイストローション1.5mL×2包、ディープモイストエマルジョン1.5mL×2包
無料サンプルお申込みページ

会員登録後にお申し込みいただけます。会員の方はログイン後にお申し込みください。なお、1人でも多くの方にお試しいただくため、サンプルのお申し込みは1人1回限りとさせていただいております。以前、同じサンプルをお届けしている方はお申し込みいただけません。ご了承ください。

トライアルセットはありますか?

14日間トライアルセット(有料)をご用意しております。
洗顔せっけん、化粧水、乳液の基本3アイテムが約14日間お試しいただけるお得なセットです。すみやかに潤いバランスを整えるモイスト、豊かな潤いで肌を満たすディープモイストの2種類より、肌の状態に合わせてお選びいただけます。本セットのみをご注文の場合は送料無料でお届けいたします。
ご購入ページ

スキンケアについて(製法・成分・使い方)

化粧品は日本製ですか?

日本国内の工場で製造しています。

動物実験は行っていますか?

北麓草水では、商品を製造する過程において、動物実験は行なっていません。また、他機関への委託も一切行なっていません。製品の安全性は、すべて社内スタッフと社外モニターによるテストで確認しています。

アレルギーテストは行なっていますか?

アレルギーテストは行なっていませんが、北麓草水では成分の安全性の精査と並行し、商品の安全性について、スタッフで試験をし、確認を行なっています。

合成界面活性剤は使用していますか?

クリームや乳液など水と油を混じり合わせないとつくれないものの乳化剤として、合成界面活性剤を使用しています。それらは界面活性剤のなかでとくに安全性の高い非イオン界面活性剤がほとんどで、食品添加物であるものも多数あります。肌に対する刺激がきわめて少なく、毒性もありません。自然環境にかける負担もなるべく少なくなるよう、原料を厳選しています。

石油由来原料は使用していますか?

天然由来原料をベースにした商品づくりを基本としています。一方、成分によっては、天然由来原料のみではつくることができないもの、安定性がよくないもの、あるいは安定的な供給が難しいものなどがあります。また、成分の安全性や生分解性は、その成分の由来や天然由来か合成由来かではなく、成分そのものの性質によります。北麓草水では天然由来原料と石油由来原料を合成した成分、石油由来原料から合成した成分も使用しています。いずれもすぐれた安全性を有する成分です。

シリコーンや合成ポリマーは使用していますか?

北麓草水のすべての商品に、シリコーンは使用していません。生分解されにくいシリコーンを配合しなくても、商品に求める作用や使用感を実現しています。一方、合成ポリマーは、増粘剤として使用しています。増粘剤とは、とろみ感をつける成分です。これらの成分は、一般的に肌を保護する成分として、クリームやローションに配合されているものです。またポリマーとは、小さな分子が多数結合してできた大きな分子の総称です。自然界にも、セルロースやでんぷん、たんぱく質などの天然ポリマーが存在します。一方、使用目的・用途に応じた機能性を発揮させるために人為的に合成されたポリマーもあります。天然・合成を問わず、ポリマーにはたくさんの種類があり、また安全性に違いがあります。北麓草水で使用している合成ポリマーは毒性および肌や粘膜に対する刺激がほとんどなく、また、水で流せばきれいに落ちてしまう安全性の高い原料です。

パラベンを使用していますか?

北麓草水のすべての商品にパラベンは使用していません。また、パラベンだけでなく、旧表示指定成分もすべて無添加です。

鉱物油を使用したものはありますか?

北麓草水のすべての商品に、鉱物油は使用していません。

使用期限はいつでしょうか?

北麓草水の化粧品に関しましては、ご購入後は約1年を目安に、開封後は半年を目安にお使いいただきますようお願いいたします。保管に関しましては、高温低温多湿を避け、直射日光の当たらない場所での保管をおすすめしております。また、一度開封してから使わずに放置した後の使用はお避けください。

香りへのこだわりはありますか?

北麓草水は、使い心地や肌への効果だけでなく、植物の醸し出す優しい香りも大切にしています。まず、浸草水を中心とした、植物そのものが持っているほのかな香りそのものを商品に活かしています。次に、独自に精油を組み合わせてつくり出した3種類の香りがあります。檜は、ヒノキ精油、セージ精油の清々しく爽やかな香り、柚子は、ユズ精油、ニュウコウジュ精油、サンショウ精油の温かみのある穏やかな香り、葡萄は、ブドウ精油、ニオイテンジクアオイ精油、アオモジ精油の芳醇で安心感のある香りです。そして、どの香りも、日本人が太古から生活の中に取り入れてきた、なじみのある植物の香りです。まるで森の中にいるような「深呼吸したくなるスキンケア」の心地よさを感じていただければと思います。

スキンケア商品の使用順序について教えてください。

基本ステップ:せっけん→化粧水→乳液
その他のアイテムを使用するときは以下の順でご使用ください。
洗顔:クレンジング→せっけんまたは洗顔フォーム→スクラブ(週1~2回)
保湿:化粧水→美容液→乳液→保湿クリーム

商品の保管方法について教えてください。

冷蔵保存の必要はありません。食品を保管する冷蔵庫には雑菌が多く、好ましい環境ではありません。また、出し入れによる温度差で容器の中に水滴が発生し、カビの原因になる恐れがあるので、冷蔵庫ではなく、常温での保管をおすすめします。

「お肌に合わない場合はご使用をおやめください」とは、具体的にどのような場合ですか?

化粧品は、肌に対する安全性について十分な注意を払い、通常の使用において刺激やトラブルの起こることのないよう設計・製造されています。しかし、使用する人の体質や体調、季節や年齢などによって、使用中または使用後に、ほてり、かゆみ、赤み、痛み、腫れなどの異常が肌にあらわれることがあります。化粧品の注意表示では、このような症状を「お肌に合わない場合」と言い、症状の悪化を防ぐために「ご使用をおやめください」として、直ちに使用を中止するように呼びかけています。症状によっては、専門医の受診をおすすめします。

アルコールの入っている商品がありますが、肌に負担をかけることはありませんか?

一部の商品に配合しているアルコール(エタノール)には、商品に抗菌性を与える作用があるほかに、植物からエキスを抽出するための溶媒としても使用されています。商品に配合しているアルコールは、発酵法でつくられた飲用可能なアルコールです。アルコールに敏感な方以外、肌に負担をかけることはありません。アルコールに弱い肌質の方には、アルコール無添加の商品をおすすめしますが、そうでない場合は、ご心配にはあたらないと考えます。

弱酸性が肌によいと聞きます。せっけんは弱アルカリ性ということですが心配はありませんか?

肌には弱アルカリのせっけんを使ったあとでも、自然に弱酸性に戻る性質があります。さらに弱酸性の化粧水を使うことでも、肌はもとの状態に戻るので心配ありません。しかも、せっけんは水で洗い流せば、洗浄成分が肌に一切残りません。せっけんは合成系の洗浄料に比べて、分解性にすぐれています。ちなみに日本の温泉の大多数は中性~弱アルカリ性です。弱アルカリ性成分は、肌の表面に付着した余計な油分や古い角質を、やわらかく、落としやすくする働きをします。温泉に入ると肌がすべすべになり、角質層の新陳代謝が促されるのはこのためです。

精油を配合していない無賦香のモイストローション、モイストセラムでも匂いがするのはなぜですか?

モイストローションとモイストセラムは、配合している複数の植物エキスにより、薬草のような香りとして感じられることがあります。

モイストローション、モイストセラムには着色剤は入れていますか?

モイストローション、モイストセラムには着色剤は含まれていません。甘茶蔓、柚子、甘草などの複数の植物エキス、そのものの色となります。また、使用しても顔が着色されることはありませんのでご安心ください。これは草木染に用いられるような成分とは異なっていることと、白い布と肌とでは着色の仕組みが異なるためです。

ディープモイストローション、ディープモイストエマルジョン、ディープモイストクリームが発酵したような匂いがします。使っても大丈夫ですか?

肌にとって効果が高く、また自然に近い形の保湿成分として純米酒を配合しています。純米酒(コメ発酵液)に含まれる酵母には、アミノ酸、有機酸、ビタミンなど、肌に有用な成分がバランスよく含まれています。本品には、肌への効果を期待して、純米酒をできる限り配合しています。本品をご使用する際に、わずかに日本酒特有の香りを感じるのは、それだけたくさんの純米酒を配合しているためです。しかしながら、場合によって酵母の特長である発酵したような原料臭が感じられる場合があります。この匂いは、配合している純米酒の仕上がりによって左右されたり、ご使用の状況によって、強弱の差が出てきますが、酵母由来によるものですので、肌に使っていただいても問題ありません。また、すぐに匂いはなくなります。肌に効果的な生きた酵母がたくさん含まれているためですので、安心してお使いください。

精油(エッセンシャルオイル)の光毒性が気になります。

精油の光毒性は、光毒性成分に起因し、程度はその含有量に依存します。特に光毒性が懸念されるのは柑橘系精油です。北麓草水で取り扱っている精油の中で、柑橘系は柚子のみです。北麓草水で使用している柚子の精油は圧搾法ではなく、水蒸気蒸留法で採取しているため、光毒性成分であるフロクマリン類(シトロプテン・ベルガプテン)を含んでいないので問題ありません。ただし、光毒性がなくとも、肌がとくに敏感な方やお使いになって肌に異常が現れた等の経験のある方は、念のため日中のご使用をお控えいただくか、目立たない部分で試してからご使用ください。

ボディケアについて

マッサージオイルの使い方について教えてください。

【フェイス・ボディケア】
顔のマッサージに:0.5~1滴程度の量を手のひらに取ってよくのばし、オイルに手のぬくもりを移します。
胸元→首すじ→顔の順で、中心(内側)から外へ、下から上へと、力を込めすぎないようにやさしくなで上げます。
マッサージ後は両手で包み込むようにして、オイルを肌になじませます。べたつきが気になるときは、蒸しタオルでやさしく拭き取ってください。
足のマッサージに:3~4滴程度を手のひらに取ってよくのばし、オイルに手のぬくもりを移します。
足首→ふくらはぎ(すね)→膝→太ももの順で、下から上へとゆっくりとなで上げます。
角質やかかとのケアに:1~2滴を手のひら、または指の第二関節のあたりに取ります。かかとやひざ、または気になる部分に、少し力を込めてなじませます。
ネイル(甘皮)ケアに:1滴程度のごく少量のオイルを指先に取ります。爪のつけ根に、少し力を込めてなじませます。ただし、ネイルカラーなどをしている場合、カラーが落ちてしまう可能性があるためご注意ください。

【ヘアケア】
シャンプー前のケアに:洗髪前の乾いた髪全体にオイルを少しずつ馴染ませます。温かい濡れタオルを頭に巻いて3~5分間、置きます。その後、いつもと同じようにシャンプー、コンディショナーを行ないます。髪にエモリエント成分が浸透し、艶のある髪になります。
ブローの時に:タオルドライ後に髪の毛の長さ、量にあわせて適量を手のひらに取って、髪になじませます。オイルの量が多すぎると髪がべたつくので、少量ずつよくのばして使います。その後、ブローすると、髪がしっとりまとまります。

ボディケアエマルジョンの使い方について教えてください。

水層と油層の2層に分かれたボディ用の保湿スプレーです。容器を上下によく振って中身が混ざっていることを確認してから、手のひらや保湿したい部位にスプレーし、肌になじませます。マッサージする場合は手のひらに2~3プッシュし、マッサージしたい部位をやさしく肌になじませながら下から上へとゆっくりなで上げます。

ヘアケアについて

リフレッシュシャンプー(せっけんシャンプー)の使い方のコツについて教えてください。

ぎしぎし・ごわごわ感を軽減するために以下の点に注意してご使用ください。
・まずはシャンプーの際に、せっけんをよく泡立てて洗います。よく泡立てることにより、せっけん本来の洗浄力を発揮するようになります。
・シャワーなどですすぐ前に、頭皮マッサージブラシ等で、地肌と髪をやさしく梳きます。額の生え際→頭頂部→後頭部→首の付け根の方向へと梳き、髪が絡まるのを防ぎます。
・すすぎもブラシ等でとかしながら行なうと、髪の多い部分でもお湯がよく通り、せっけんカスが残りにくくなります。
・北麓草水のコンディショナーはせっけんシャンプーに対応したコンディショナーになりますが、ボリュームコンディショナーとセットでお使いいただくのがおすすめです。ただし、分解されたせっけんカスはせっけんの構成成分である脂肪酸(油)になりますので、せっけんカスが多量に残っていると、髪のべたつきの原因になります。これを防ぐためにもすすぎは丁寧に行なうことが大切です。

リフレッシュシャンプー(せっけんシャンプー)が、パーマ・カラーリングなどの髪に合わないことがあるのはどうしてですか?

パーマやカラーリングにより髪が傷んでいる(キューティクルが剥がれてしまっている)場合、キューティクルが剥離した部分にせっけんカスが過剰に入り込み、きしみ・ごわつき感を感じることがあります。せっけんカスが髪に過剰に残っていると、それ自体が髪の仕上がりを重くする原因になります。また、せっけんカスはリンスの酸性成分によって分解され、せっけんの原料である脂肪酸に戻ります。脂肪酸は油の主成分であるため、髪のべたつきの原因になります。一方、パーマやカラーリングをしていても、問題なくせっけんシャンプーを使えることがあります。スタッフにも、パーマやカラーリングをしていても、せっけんシャンプーを使っている者もいます。基本的には、パーマやカラーリングをした髪と石けんシャンプーは、あまり相性がよくないのですが、使用感には個人差があるため、商品には、「合わないことがあります」という表示を入れています。

ページトップへ