北麓草水

  • English
  • 简体中文
製造のこだわり

製造のこだわり - モイストローション

Back

モイストローションの製造工程

戻る
次へ
  • モイストローションに配合しているヒノキ水は、丹沢の山で育ったヒノキを使用しています。建材として柱に加工される際に、端材としてでるヒノキをチップ状にし、蒸留します。
  • 原料のヒノキと富士山の地下水を使用して、蒸留作業を行ないます。ヒノキの精油が蒸留される際に、同時にヒノキ水が出来上がります。
  • よい香りのヒノキ水をつくるために何度も試作が行なわれました。モイストローションの原料由来の香りを左右する大事な工程です。
  • モイストローションの製造は厳しい衛生管理が必要とされる区域でつくられます。マスクをし、キャップを被った後にクリーンウェアを着用、クリーンシューズを履きます。
  • 服装を整えた後に、手をよく洗い、手袋を着用します。手袋の上から、アルコール消毒を行なって、はじめて製造区域への入室ができます。
  • モイストローションの製造が行なわれる部屋には、いくつかの製造釜が設置されています。この中の溶解釜と呼ばれる設備を使用して、モイストローションが製造されます。
  • モイストローションのもととなる原料を量ります。原料を量る時は必ず二人一組になり、原料名や使用量を確認し合います。使用した原料の製造ロットなどの情報も記録します。
  • 秤量した原料を配合順序どおりに、釜に投入していきます。
  • 分散させにくい原料は、そのまま投入するのではなく、一度ヒノキ水で分散させるという工程を行なった後、溶解釜へ投入します。
  • 原料の投入が済んだら、記録書にチェックします。製造ごとに全て記録が残されます。
  • 工程の指示書をもとに、製造者の厳しい目でひとつずつ確認し、作業を進めていきます。
  • 釜内部の温度、装置の作動時間や撹拌の回転数等は、機械で設定し、管理されています。
  • モイストローションの中身が完成したら、品質の確認をします。外観・色調・揮発分・pH等の項目について、検査室で中間検査を行ないます。
  • 中間検査が合格になったら、中身を容器に入れる、充填と呼ばれる工程を行なっていきます。使用する容器は、事前にエア洗浄などを行なって異物混入を防ぎます。
  • モイストローションを容器に充填していきます。ガラスの容器を1本ずつ手に取って、機械を使って中身を入れていきます。
  • 内容量が設定された機械で充填していきますが、途中段階で間隔を決めて、秤で内容量が正しく入っているかを確認しながら、作業が進められます。
  • キャップを閉め、製造番号が容器に印字されます。製造ロットごとに、サンプルが抜き取られ、5年間保管されます。
  • 人の手や目で行なう作業工程と、機械を使用する工程が、役割により分担されています。
  • 充填が終了したら、使用した機械の部品を分解し、熱処理やアルコール洗浄で細かいところまできれいにしていきます。
  • 1本1本、検品担当者が目で見て、最終チェックをします。
  • 出来上がった商品は、検査室で最終検査を行ないます。
  • 生菌数検査を行なったり、実際に検査官が使用して、肌での感触や匂いも検査します。
    検査に合格した商品のみが、出荷され、お客様のもとに届けられます。
1/22
ページトップへ