北麓草水

  • English
  • 简体中文
浸草水・浸草油のこだわり?ブドウ

浸草水・浸草油のこだわり?ブドウ

Back
ブドウ

ブドウ

学名 Vitis spp
科名 ブドウ科
生産地 山梨県
抽出部位
配合商品 マイルドウオッシングソープ、モイストクリーム、ボディケアエマルジョンなど

甲府盆地では桃の収穫が終る頃にブドウの収穫時期を迎えます。おいしいブドウをつくるためには、春のはじめに芽を間引き、栄養をすみずみまで行きわたらせることで成長を促します。間引いたブドウの新芽は、天ぷらにして食すことができます。世界には数百種をこえるブドウの品種があるとされ、日本では数十種が栽培されています。その中でも、山梨原産の「甲州ぶどう」は、鎌倉時代の初めにはすでに栽培されていました。ブドウの葉には、アントシアニンなどのポリフェノールが含まれています。

植物と生産地の紹介

植物と生産地の紹介

(1) 一般的にみられる葡萄棚は日本独自の方法。四恩醸造ではヨーロッパのような美しい垣根作りもしている。
(2) 柔らかな新芽が巻きひげを一生懸命に太陽に向かって伸ばしている。
(3) 葡萄の赤ちゃん。小さい粒のひとつひとつが葡萄になる。
(4) 有機農法で、ご自身の手だけで葡萄農園の管理をされている小林氏。
(5) 山梨県牧丘町にある四恩醸造の葡萄畑は、こんなのどかな風景の中にある。

ページトップへ