北麓草水

  • English
  • 简体中文
浸草水・浸草油のこだわり?モモ

浸草水・浸草油のこだわり?モモ

Back
モモ

モモ

学名 Amygdalus persica
科名 バラ科
生産地 山梨県笛吹市
抽出部位 葉・花・果実
配合商品 モイストローション、モイストエマルジョン、ボディトリートメントクリーム、バスエッセンスなど

春の甲府盆地は、桃源郷と呼ばれるにふさわしいモモの花の絨毯で覆われます。周囲を高い山々に囲まれた甲府盆地の、昼夜の寒暖差が大きく、水はけのよい土地は、よいモモを育てます。江戸時代には、夏の暑い盛りに桃湯に入る習慣があり、モモの葉風呂はあせもや湿疹などの肌トラブルに効くとされ親しまれてきました。モモの葉には、保湿作用、抗炎症作用、抗酸化作用など様々な効果が含まれることで知られています。

植物と生産地の紹介

植物と生産地の紹介

(1) 春には美しい桃色の花が、満開になる。
(2) たくさん実った桃の実は摘果をする。最終的に一枝に残すのは2~3個の果実のみ。大きくて甘い桃になる。
(3) 細長い形をした桃の葉。枝からはずして流水で洗浄し乾燥させる。
(4) 山梨県笛吹市にある古屋農園の桃畑。12種類の桃を育てている。
(5) たわわに実っている桃の実。白いマルチシートを根元に敷き、下から日光を反射させて色づくのを待つ。

ページトップへ