北麓草水

  • English
  • 简体中文

みんなの習慣

Back
アマヤフミヨさん

vol.30 アマヤフミヨさん Amleteron店主

読書と手紙にまつわるお店

高円寺で読書と手紙にまつわるお店Amleteronを一人で営むアマヤさん。選りすぐりの古本やレコード、美しいカードなどが店内に並べられ独特の世界をつくっています。日々の暮らしの中で大切にされていることについてお話を伺いました。

日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?

アマヤさん
毎朝起き抜けに一杯の水をコーヒーカップで飲みます。お気に入りのコーヒーカップで水道水を飲みます。眠っている間に体の水分が失われているので、水を飲むことで体が目を覚まします。
北麓草水
朝、水を飲むことで何かよい効果はありますか?
アマヤさん
朝一番に水を飲むことは体によいと、何かに書いてあったのを見て始めたのですが、水を飲むとお通じの調子がよいです。何かで水を飲むことを忘れていると、お通じがなかったりしますね。
北麓草水
他に習慣にしていることはありますか?
アマヤさん
電車で高円寺まで通っているのですが、電車の窓から富士山を見ることです。富士山を見たいので、電車に乗るときは椅子に座らずにいます。通勤の為に乗るJR中央線では、吉祥寺と西荻窪の間がとても綺麗に見えるのですよ。春先は空が霞んでいて見えない日も多いのですが、「あの辺りに富士山があるのだな。」と想像して遠くを眺めています。
北麓草水
富士山を意識して眺めるようになったきっかけはありますか?
アマヤさん
空気が澄んでいる秋に電車から見えた富士山がとても美しくて、心にすっと入ってきたのです。夜には東の空に綺麗にオリオン座が見えている季節で、電車の窓という限られたフレームから数秒見える風景を楽しみにするようになりました。
北麓草水
富士山やオリオン座など遠くだけど確かに存在する、美しく輝く物を見つめることでご自身を見つめているということなのでしょうか。そんな心静かな時間を一日の中に持つことは大切ですね。
  • アマヤさん イメージ
  • アマヤさん イメージ

その他に大切にされていることはありますか?

アマヤさん
離れたところに暮らしている友人に会いたくなって、店を閉めてから夜行バスに乗って会いに行ったりします。会って話をできるのは数時間、短いと数十分だったりします。でも、自分の体を運んで本人と会って目を見て声を聞いて話すことで、沢山のことを感じて嬉しい刺激をいただけるのです。
北麓草水
実際に行動して体験するということを大切にしていらっしゃるのですね。
アマヤさん
そうですね。お芝居や音楽の公演でも、同じ演目であっても一日も同じ日はなくて、その日その時間を体感しないと二度と体験できない瞬間です。人との出会いも含めて、ライブ感を大切に考えています。一言で表すと一期一会ということでしょうか。
北麓草水
今というこの時間を大切に生きるということに繋がりますね。このお店を作られるきっかけや思いを少しお話していただけますか?
アマヤさん
今年の6月でオープンして2年になります。このスペースでお店をやってみたら?と声をかけていただいたのがきっかけで、とても恵まれたスタートでした。せっかくなので好きなことに関するお店にしようと決め、読書と手紙にまつわるお店をつくりました。Amleteron(アムレテロン)という店名はエスペラント語で「恋文(ラブレター)」という意味です。本も作家からの手紙ともいえますし、商品の説明文も私からお客様への手紙のつもりで手書きで書くようにしています。お店でかける音楽も作った人から巡り巡って届いた手紙でもありますね。
北麓草水
お話を伺ってお店を見回すと、一つ一つのモノたちが小さな声で語りかけているような気がしてきます。
アマヤさん
お店に来て下さった方には声をおかけして、一言あいさつをするようにしています。言葉を交わし合うことはとても楽しいですし、話してみないとわからないことも多いですね。ちょっとたしたことで世界が変わるような気がします。

外と時間の流れが違うかのような不思議な魅力のあるお店Amleteron。平日は午後2時からのオープンで不定休です。訪ねられる時には、ブログでお店の営業時間を確認してからいらしてください。楽しいお話をありがとうございました。

ページトップへ