北麓草水

  • English
  • 简体中文

みんなの習慣

Back
若林英行さん、千秋さん

若林英行さん、千秋さん

カフェ ナチュラルリズム店主

富士山の麓の、清らかな水が豊かに流れる桂川を見下ろす森の中に、ひっそりと佇むカフェ ナチュラルリズム。大工さんでもある英行さんが、お友達の力を借りながら、コツコツと作り上げたそうです。富士急行線・都留市駅からも近く、横を中央自動車道が通っているとは思えないような、大自然にすっぽりと抱かれた空間です。そのお店で奥様の千秋さんと英行さんのお二人に、お話を伺いました。

日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?

千秋さん
一日の終わりにお風呂にゆっくり入ることです。昔ながらの薪で沸かすお風呂で、夕方になるとおじいちゃん(英行さんのお父様)が薪をくべて毎日お湯を沸かしてくれるのです。薪を焚き付け用に細かく割ることからするので、とても手間がかかったお湯で、体の芯から温まります。そしてお湯を本当にありがたく感じます。ボタンを押せばお湯が沸くお風呂も便利ですが、不便であることが、薪でお湯を沸かしてくれた父への感謝の気持ち、水、自然に対する感謝の気持ちを持たせてくれます。子どもがぐっすり眠ってくれた日は、主人に子どもの様子を見てもらって、お風呂に白湯を持ち込んでゆっくり白湯を飲みながら入ることもあります。体の内側からも外側からも、やわらかく温かなお湯を感じて生き返るような気持ちがします。
北麓草水
この地方は水がとても豊かで、きれいでおいしいですね。
千秋さん
白湯は朝起きた時と夜眠る前に、毎日飲むようにしています。子どもを授かる前は、体に良いことをいろいろと試していたのですが、白湯を飲むことはずっと続けていますね。
北麓草水
千秋さんはご結婚される以前、富士河口湖町でパンのお店を開かれていました。県内でも人気が高かったお店を一人で切り盛りされていたその時期は、仕事をするために、お休みの日はヨガや整体に通い体調管理にあてて、全てがおいしいパンを焼くために過ごす毎日だったそうです。そんな時に英行さんのお店を訪れて、力を抜いて自然体で過ごし、人生を楽しんでいる英行さんに出会い、世界が広がったと話されます。
北麓草水
英行さんにお伺いします。日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?
英行さん
特に何もないと思います。
北麓草水
そのお答えは今までにないもので、とても新鮮です。毎日されていることではなくても、日々の中で思いつかれることは何かありますか?
英行さん
季節に合わせてすることが変わっていきます。例えば、春は山に入って山菜を採ったり、タケノコを掘ったり。ドクダミやヘビイチゴも採ってお茶や薬に使います。初夏には梅を採って、夏は畑で作物を収穫します。それから夏は草刈りや畑仕事ですね。この植物が出たから、実がなったからと自然から季節を教えてもらいます。
千秋さん
夏は毎日のように畑に行って、野菜を収穫してきてくれます。それを使って毎日料理をするのが楽しみです。
英行さん
この店の営業時間が平日は午後8時から12時なので、家に戻るのは毎日真夜中になってしまいます。どんなに遅くても起きて食事を作ってくれて、本当に感謝しています。お風呂を薪で10分くらい沸かし直して、ゆっくりお風呂に入って、食事をして、二人でいろんなことを話すのがリラックスできる楽しみな時間です。
北麓草水
カフェの名前の通りに自然のリズムの中で暮らし、働いていらっしゃるのですね。カフェのお仕事で毎日夜が遅くなられるようですが、体調管理はどのようにされているのですか?
英行さん
昼寝をして体を休めます。体調が優れない時は、体をリセットする事をイメージして、寝るようにしています。
千秋さん
主人を見ていると、自分の体のことを自分の感覚でわかっているようです。体が寝たい時に寝ているようで、赤ちゃんと同じような感じもしますね。それから出来るだけ身の回りにある植物の力を借りて、体調を整えていきたいなと考えています。主人は夏になると、毎年虫や蜂にさされることがあり、先日もイベントの準備をしている時に蜂にさされてしまいました。すぐに病院に行くことができずに、応急手当で、作ってあったビワの葉の焼酎漬けを塗り、乾いては塗りを続けました。そうしたところ、次の日にはすっかり腫れが引いてよくなり、大事にならずに治って良かったです。身の回りのもので対処をする方法や、役に立つ植物を知っていると、それだけで少し安心です。この店のまわりには様々な植物があるので、もっと植物のことを知って、生活に活かしたいと思っています。そして、それを周りの人にも伝えたいと思っています。
北麓草水
お店のある場所から少し上流へ行った所にご自宅があり、この土地で生まれ育った英行さんは、地元でマーケットやイベントを企画開催され、コミュニティスペース作りに取り組み、地域の方々との活動も精力的にされています。自分たちの住むところが、子どもも大人も安心して暮らせて楽しいですから、と全く気負いなく話してくださいます。
  • 若林さん イメージ
  • 若林さん イメージ

その他に大切にされていることはありますか?

千秋さん
二人とも旅行が好きで、車を改造して車中泊が出来るようにして、日本の景色のよいところを訪ねたりしています。旅の途中で友人のお店によったり、その土地のお店でコーヒー豆を買って、わき水を探して入れて飲んだり。飼っているヤギのロックをいっしょに連れて行ったこともあるのですよ。
北麓草水
とても自由な楽しい旅ですね。
千秋さん
主人といっしょに旅をするようになって、少しの工夫で自分たちが気持ちよく過ごせることを知り、旅がますます楽しくなりました。
英行さん
図書館や本屋に行って、本を見ることは習慣のようによくしますね。目的の本がなくても、新しい本を見に行きます。
北麓草水
お店にも様々なジャンルの本がたくさんありますね。
英行さん
本を開くことは旅に出ることと似ていて、違う世界を体験できます。店でもそんな風にゆったり過ごしてもらえたらいいな、と思っています。
千秋さん
お店は緑に囲まれて、見下ろせばきれいな川が流れています。水の音、鳥の声、木々の揺れる音がして森林浴ができるところです。平日は夜の営業だけですが、近い将来には、この風景も楽しんでリラックスした時間をおいしいパンとお茶で過ごしていただけるように、昼の時間もお店を開けられたらいいね、と二人で話している所です。
北麓草水
その時には、千秋さんの焼くおいしいパンもいただけるのですね。
千秋さん
子育ても落ち着いてきたら、少しずつお店でも私のパンを召し上がっていただけるようにして行きたいです。
北麓草水
それはとても楽しみです。その時にはまた伺いたいと思います。お店の営業時間などは、こちらから確認しておでかけください。
https://www.facebook.com/pages/Cafe-Natural-Rhythm/122828741151068
http://laboulangerie.jp/CafeNaturalrhythm/shop.html

大切な人と家族になり、暮らす場所を作り畑を耕し、周りの自然の恵みをいただいて生きる。人がずっと続けてきた営みを聞かせていただいたような、温かな力がわいてくるお話でした。ありがとうございました。

ページトップへ