北麓草水

  • English
  • 简体中文

みんなの習慣

Back
伊東ひろみさん

vol.35 伊東ひろみさん

織物作家

羊毛を手で紡ぎ、手織りでマフラーやストールなどを作る作家として、活動を続けていらっしゃる伊東さん。柔らかな肌触りと、完成度が高く整った作風で注目される作家さんです。織物を始めて来年で20年という伊東さんに、毎日の習慣や心がけについてお話を伺いました。

日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?

伊東さん
朝食に納豆とヨーグルトを必ず食べるようにしています。
北麓草水
納豆とヨーグルトは発酵食品でタンパク質、カルシウムも多い食品ですね。主食は何を召し上がるのですか?
伊東さん
ごはんをしっかり食べるようにしています。朝の忙しい時間なので、おかずは有り合わせのことが多いのですが、納豆、味噌汁、ヨーグルトは食べるようにしています。
北麓草水
納豆とヨーグルトを毎日食べるようになったきっかけは、何かありますか?
伊東さん
2年くらい前に腸の不調が続いたことがありました。たまたま聞いたラジオで、腸の中の善玉菌が年齢と共に少なくなることを知り、食べる物で改善していこう、と考えたのがきっかけです。毎朝、納豆とヨーグルトを食べ続けていたら、1年ほどで腸の具合はよくなりました。それ以降ずっと調子が良いですね。
※善玉菌とは、人や動物の腸の中に住み、健康維持や生命活動に必要なビタミンなどを産生し、免疫の活性化などを担っている腸内細菌です。健康維持には、腸内細菌のバランスが大切とされています。
北麓草水
毎日続けるには手軽にできることが大切ですね。
伊東さん
そうですね。良いことも続けなくては成果が出ないので、毎日手軽にできて続けられることを考えました。納豆とヨーグルトなら、近くのスーパーでいつでも買うことができますし、冷蔵庫に買い置きをしておけばすぐに食べられて、特別なことは何もないので、楽に続けられています。納豆には善玉菌の納豆菌と、菌の餌になる食物繊維が豊富です。ヨーグルトにはオリゴ糖をプラスすると良いそうなので、蜂蜜をかけていただいています。朝にすることは習慣にしやすいので、朝食で食べることにしました。
北麓草水
腸が整うことで他に良いことはありましたか?
伊東さん
以前は冷え性がひどくて、冷えを改善するために、靴下を重ね履きして足元を温め、お風呂では半身浴をしていました。今でも1日おきに半身浴は続けていますが、靴下の重ね履きは必要なくなりました。腸内環境が整うことで、きれいな血液を作りだせるようになり、その血液が細胞のすみずみまで行き渡り、血行が良くなるそうです。私も外側から温めなくても血行が良くなり、体温も上がって冷え性が改善しました。
北麓草水
毎日継続することで、大きな改善に繋がりましたね。伊東さんのコツコツと同じ作業を積み重ねるお仕事との共通性を感じます。お仕事のお話も聞かせていただけますか?
伊東さん
そうですね。織りの仕事は時間と手間をかけないとできません。織りを始めて来年で20年になるのですが、ある時期にオリジナルとは何だろうと考えました。そして、糸から紡いで自分の糸を作って織ることで、他とは違う自分のオリジナルの布が出来ると考えました。糸を紡ぐ時の強弱で、肌触りや柔らかさが違ってきます。
北麓草水
長い時間と手間をかけて、モノ作りをされる中での喜びはどんなところにありますか?
伊東さん
この仕事はスケジュールを立てて、それを毎日確実にしていくことで、必ず形あるものが出来上がります。自分の手を動かして、形あるものが出来上がっていくことがおもしろいのかもしれません。
  • 伊東さん イメージ
  • 伊東さん イメージ

その他に習慣にされていること、大切にしていることはありますか?

伊東さん
ある時期から考え方が変わって、過ぎたことは後悔しないようにしています。後から振り返ると、ああすればよかった、こうしてあげればよかったと思い煩うこともあるのですが、その時に自分が取った行動が、最善だったと思うようにしています。
                    
北麓草水
くよくよしないとよく言いますが、それが実際には難しかったりしますね。
伊東さん
自分がこうしたい、と思っていた通りに結果がならない時も、どうしてだめだったのだろうと思わないようにしています。相手があることや、向こうから来るものは、自分の力や努力ではどうしようもないことがあり、それは受け入れるしかないのだと思います。ずっと後になって振り返ると、あの時に受け入れた道が今の自分に繋がっているのだな、と気付くことがあります。
                    
北麓草水
今のご自身を肯定する素敵な考え方ですね。そうなれると思うと全てを受け入れて、前を向いて毎日を過ごすことがとても大切だと感じます。
伊東さん
人には人それぞれの現実があって、自分は自分だと思うようになりました。人と比較して、自分の人生はつまらないと思ったり、人を羨んだりすることも無くなりました。そうすると、人生の中のとても小さなことでも、幸せを感じられるようになりました。飼っている猫が元気でいてくれるだけで幸せですし、ベランダのバラを見て幸せを感じたりしています。
                    
北麓草水
とても素敵な心持ちですね。作品に込めている思いがあれば教えていただけますか?
伊東さん
人に使っていただくものを作っているので、人が身につけてくれて、気持ちよさや温かさ、肌触りがよく、柔らかさを感じてもらえるような作品を作りたいと思っています。そしてマフラーを巻いた時に、暖かくて幸せだなと感じていただけたら嬉しいです。
                    
北麓草水
伊東さんの作品は、取扱店や展示会でご覧いただけます。
2015年11月12日(木)~16日(月)国立room 103「冬の3人展」
http://room103.letemin.jp/

小さな工夫の積み重ねと、それを確実に実行、継続することで、期待以上の成果が得られることを教えていただきました。続けるための工夫や、はじめる時によく考えることの大切さを教えていただき、何か目標を持ってはじめてみたい気持ちになりました。伊東さんの作品から感じる、誠実さやきっちりとした気持ちよさは、毎日確実に仕事に取り組む姿勢も表しているのだと感じました。ありがとうございました。

ページトップへ