北麓草水

  • English
  • 简体中文

北麓の日々

2013年06月07日

紫外線

2013.06.07

日々、天気予報で紫外線量が「強い」「非常に強い」とそんな言葉を聞く季節になりました。紫外線量は5月から9月頃にかけて特に多くなります。紫外線から肌を守るためには、体の外側から日焼け止めなどで紫外線を浴びる量を抑えることと、体の内側のから抗酸化力のある食材を摂ることも大切です。

月桃葉とトゲナシの顆粒にはトゲナシやアセロラのビタミンCが豊富に含まれております。ビタミンCはコラーゲンを作るための基になっています。月桃葉にはコラーゲンを作る作用があるため、紫外線により肌が受けたダメージを軽減することができます。また、紫外線やストレスなどによって体内で生み出される活性酸素を除去することによって、ビタミンCには活性酸素により肌が受けるダメージを軽減する効果もあります。


お茶の時間に月桃葉とトゲナシの顆粒を溶かした紅茶をいただきました。

月桃葉とトゲナシの顆粒 28本入り ¥2,835 / 6本入り ¥609 
毎日1包をお好みの飲み物や食べ物に混ぜてお召し上がりください。

2013年6月
« 5月 7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
月別一覧
2020 (21) 
    2019 (19) 
      2018 (15) 
        2017 (31) 
          2016 (29) 
            2015 (38) 
              2014 (72) 
                2013 (65) 
                  2012 (23) 
                  • 2020年7月 (1)
                  • 2020年6月 (3)
                  • 2020年5月 (4)
                  • 2020年4月 (3)
                  • 2020年3月 (4)
                  • 2020年2月 (3)
                  • 2020年1月 (3)
                  • 2019年12月 (1)
                  • 2019年11月 (6)
                  • 2019年10月 (7)
                  • 2019年9月 (1)
                  • 2019年7月 (1)
                  • 2019年6月 (1)
                  • 2019年5月 (1)
                  • 2019年4月 (1)
                  • 2018年11月 (1)
                  • 2018年10月 (1)
                  • 2018年9月 (2)
                  • 2018年8月 (1)
                  • 2018年7月 (1)
                  • 2018年6月 (1)
                  • 2018年5月 (1)
                  • 2018年4月 (3)
                  • 2018年3月 (1)
                  • 2018年2月 (2)
                  • 2018年1月 (1)
                  • 2017年12月 (3)
                  • 2017年11月 (2)
                  • 2017年10月 (2)
                  • 2017年9月 (3)
                  • 2017年8月 (3)
                  • 2017年7月 (2)
                  • 2017年6月 (2)
                  • 2017年5月 (2)
                  • 2017年4月 (3)
                  • 2017年3月 (3)
                  • 2017年2月 (3)
                  • 2017年1月 (3)
                  • 2016年12月 (2)
                  • 2016年11月 (3)
                  • 2016年10月 (3)
                  • 2016年9月 (2)
                  • 2016年8月 (2)
                  • 2016年7月 (3)
                  • 2016年6月 (1)
                  • 2016年5月 (2)
                  • 2016年4月 (3)
                  • 2016年3月 (3)
                  • 2016年2月 (2)
                  • 2016年1月 (3)
                  • 2015年12月 (2)
                  • 2015年11月 (4)
                  • 2015年10月 (4)
                  • 2015年9月 (3)
                  • 2015年8月 (3)
                  • 2015年7月 (5)
                  • 2015年6月 (4)
                  • 2015年5月 (1)
                  • 2015年4月 (3)
                  • 2015年3月 (3)
                  • 2015年2月 (3)
                  • 2015年1月 (3)
                  • 2014年12月 (4)
                  • 2014年11月 (5)
                  • 2014年10月 (7)
                  • 2014年9月 (8)
                  • 2014年8月 (7)
                  • 2014年7月 (9)
                  • 2014年6月 (6)
                  • 2014年5月 (5)
                  • 2014年4月 (9)
                  • 2014年3月 (7)
                  • 2014年2月 (3)
                  • 2014年1月 (2)
                  • 2013年12月 (4)
                  • 2013年11月 (6)
                  • 2013年10月 (6)
                  • 2013年9月 (7)
                  • 2013年8月 (7)
                  • 2013年7月 (5)
                  • 2013年6月 (5)
                  • 2013年5月 (2)
                  • 2013年4月 (6)
                  • 2013年3月 (8)
                  • 2013年2月 (4)
                  • 2013年1月 (5)
                  • 2012年12月 (9)
                  • 2012年11月 (10)
                  • 2012年10月 (4)
                  • ページトップへ