北麓草水

  • English
  • 简体中文

季節のおすすめ

特集「内側からもすこやかな肌を育む野草茶とジャム」

2020.11.26

11月19日(木)に野草茶がリニューアル発売。ジャムと合わせて、体調や気分でお選びいただけるようになりました。ご自分用としてはもちろん、ギフトにもおすすめの野草茶とジャムをご紹介します。


体を芯から温めたい時は、生姜を使った食品がおすすめです。生姜には、ジンゲロールという成分が含まれ、熱を加えると体を内側から温めるショウガオールに変化します。いずれもピリッとした辛みが特長です。
■おすすめ商品
生姜と黒大豆の野草茶生姜とハチミツのジャム柚子果皮と糀のジャム


疲れをとり、リフレッシュしたい時は、ビタミンCが豊富な柚子やローズヒップ、ポリフェノールが多いといわれる山葡萄を使った食品がおすすめです。東洋医学でもストレスには適度に酸味を取って、気を発散するとよいといわれています。
■おすすめ商品
柚子とローズヒップの野草茶山葡萄とアズキのジャム


すっきりと毎日を過ごしたいときは、水溶性、不溶性両方の食物繊維を含む薩摩芋や、ビフィズス菌の餌となるフラクトオリゴ糖を含むヤーコンを使った食品がおすすめです。自然な甘みでほっと一息、心と体がほぐれます。
■おすすめ商品
薩摩芋とハトムギの野草茶薩摩芋とヤーコンのジャム

2021年1月
« 12月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリー
月別一覧
2021 (2) 
    2020 (29) 
      2019 (27) 
        2018 (23) 
          2017 (22) 
            2016 (31) 
              2015 (27) 
                2014 (24) 
                  2013 (2) 
                  • 2021年1月 (2)
                  • 2020年12月 (2)
                  • 2020年11月 (4)
                  • 2020年10月 (1)
                  • 2020年9月 (4)
                  • 2020年8月 (2)
                  • 2020年7月 (1)
                  • 2020年6月 (4)
                  • 2020年5月 (3)
                  • 2020年4月 (2)
                  • 2020年3月 (2)
                  • 2020年2月 (2)
                  • 2020年1月 (2)
                  • 2019年12月 (3)
                  • 2019年11月 (3)
                  • 2019年10月 (2)
                  • 2019年9月 (4)
                  • 2019年8月 (1)
                  • 2019年7月 (2)
                  • 2019年6月 (3)
                  • 2019年5月 (1)
                  • 2019年4月 (2)
                  • 2019年3月 (3)
                  • 2019年2月 (2)
                  • 2019年1月 (1)
                  • 2018年12月 (2)
                  • 2018年11月 (4)
                  • 2018年10月 (2)
                  • 2018年9月 (1)
                  • 2018年8月 (1)
                  • 2018年7月 (1)
                  • 2018年6月 (2)
                  • 2018年5月 (2)
                  • 2018年4月 (3)
                  • 2018年3月 (1)
                  • 2018年2月 (1)
                  • 2018年1月 (3)
                  • 2017年11月 (3)
                  • 2017年10月 (2)
                  • 2017年9月 (2)
                  • 2017年8月 (1)
                  • 2017年7月 (1)
                  • 2017年6月 (2)
                  • 2017年5月 (3)
                  • 2017年4月 (2)
                  • 2017年3月 (3)
                  • 2017年2月 (2)
                  • 2017年1月 (1)
                  • 2016年12月 (2)
                  • 2016年11月 (2)
                  • 2016年10月 (4)
                  • 2016年9月 (4)
                  • 2016年8月 (1)
                  • 2016年7月 (1)
                  • 2016年6月 (4)
                  • 2016年5月 (3)
                  • 2016年4月 (3)
                  • 2016年3月 (3)
                  • 2016年2月 (1)
                  • 2016年1月 (3)
                  • 2015年12月 (2)
                  • 2015年11月 (2)
                  • 2015年10月 (1)
                  • 2015年9月 (2)
                  • 2015年8月 (2)
                  • 2015年7月 (2)
                  • 2015年6月 (2)
                  • 2015年5月 (4)
                  • 2015年4月 (3)
                  • 2015年3月 (2)
                  • 2015年2月 (2)
                  • 2015年1月 (3)
                  • 2014年12月 (2)
                  • 2014年11月 (2)
                  • 2014年10月 (1)
                  • 2014年9月 (2)
                  • 2014年8月 (3)
                  • 2014年7月 (2)
                  • 2014年6月 (3)
                  • 2014年5月 (2)
                  • 2014年4月 (2)
                  • 2014年2月 (3)
                  • 2014年1月 (2)
                  • 2013年3月 (1)
                  • 2013年1月 (1)
                  • ページトップへ