北麓草水

  • English
  • 简体中文

季節のおすすめ

皐月「ウオッシングソープ」

2020.05.01

心地のよい気候の時季となりましたが、肌へのべたつきが気になり始める頃でもあります。べたつきの原因となる皮脂の分泌は気温の上昇とともに増加し、毛穴の開きにも影響するので、すこやかな肌のためには日々の洗顔と保湿が大切です。余分なものをやさしく洗い流して素の状態に戻すことで、その後に補う保湿成分がまっすぐ肌に届きます。ウオッシングソープは、長年のせっけんづくりの経験を活かしてこだわりを詰めこんだ、洗顔に最適なせっけんです。


ウオッシングソープ
90g 1,760円 / 30g 585円(税込)

【きめ細かい泡をつくる枠練り製法の植物性せっけん】
繊細な肌を毎日洗うせっけんは、肌に負担をかけずに、汚れをしっかり落とせるものが理想です。ウオッシングソープはこの理想を叶えるため、弾力のあるきめ細かい泡にこだわりました。弾力のある泡は、肌と手の間のクッションとなり、摩擦刺激をやわらげます。また、きめ細かい泡は、泡の表面積が大きくなり、汚れと触れる面が増えるため、効率的に汚れを吸着し、洗浄力を発揮することができます。一方、きめの粗い泡は表面積が小さく、汚れを吸着する効率が悪くなるため、より多量のせっけんが必要となります。必要以上にせっけんの量が多いと、肌にとって大切な皮脂までとり過ぎたり、肌への刺激の原因となってしまいます。そのため、洗顔はしっかりと泡立て、こすらずにやさしく洗うことが大切なのです。


せっけんには「機械練り」や「枠練り」などの製法があり、ウオッシングソープは手間のかかる枠練り製法でつくる透明せっけんです。植物由来の脂肪酸などを反応させ、保湿成分をあわせて枠に流し込み、じっくりと冷やし固めます。その後に温度0.1℃、湿度数%単位の細やかな調整をしながら、しっとりと洗い上げるせっけんをつくることができます。


5月1日(金)~31日(日)まで、オンラインストアで2日間サンプルキットおよび、商品をご注文いただいた方へウオッシングソープのサンプルをお渡ししています。営業再開となりました直営店でもご用意がございます。ぜひお試しください。※数量限定のためなくなり次第終了となります。

2020年9月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 
カテゴリー
月別一覧
2020 (22) 
    2019 (27) 
      2018 (23) 
        2017 (22) 
          2016 (31) 
            2015 (27) 
              2014 (24) 
                2013 (2) 
                • 2020年9月 (4)
                • 2020年8月 (2)
                • 2020年7月 (1)
                • 2020年6月 (4)
                • 2020年5月 (3)
                • 2020年4月 (2)
                • 2020年3月 (2)
                • 2020年2月 (2)
                • 2020年1月 (2)
                • 2019年12月 (3)
                • 2019年11月 (3)
                • 2019年10月 (2)
                • 2019年9月 (4)
                • 2019年8月 (1)
                • 2019年7月 (2)
                • 2019年6月 (3)
                • 2019年5月 (1)
                • 2019年4月 (2)
                • 2019年3月 (3)
                • 2019年2月 (2)
                • 2019年1月 (1)
                • 2018年12月 (2)
                • 2018年11月 (4)
                • 2018年10月 (2)
                • 2018年9月 (1)
                • 2018年8月 (1)
                • 2018年7月 (1)
                • 2018年6月 (2)
                • 2018年5月 (2)
                • 2018年4月 (3)
                • 2018年3月 (1)
                • 2018年2月 (1)
                • 2018年1月 (3)
                • 2017年11月 (3)
                • 2017年10月 (2)
                • 2017年9月 (2)
                • 2017年8月 (1)
                • 2017年7月 (1)
                • 2017年6月 (2)
                • 2017年5月 (3)
                • 2017年4月 (2)
                • 2017年3月 (3)
                • 2017年2月 (2)
                • 2017年1月 (1)
                • 2016年12月 (2)
                • 2016年11月 (2)
                • 2016年10月 (4)
                • 2016年9月 (4)
                • 2016年8月 (1)
                • 2016年7月 (1)
                • 2016年6月 (4)
                • 2016年5月 (3)
                • 2016年4月 (3)
                • 2016年3月 (3)
                • 2016年2月 (1)
                • 2016年1月 (3)
                • 2015年12月 (2)
                • 2015年11月 (2)
                • 2015年10月 (1)
                • 2015年9月 (2)
                • 2015年8月 (2)
                • 2015年7月 (2)
                • 2015年6月 (2)
                • 2015年5月 (4)
                • 2015年4月 (3)
                • 2015年3月 (2)
                • 2015年2月 (2)
                • 2015年1月 (3)
                • 2014年12月 (2)
                • 2014年11月 (2)
                • 2014年10月 (1)
                • 2014年9月 (2)
                • 2014年8月 (3)
                • 2014年7月 (2)
                • 2014年6月 (3)
                • 2014年5月 (2)
                • 2014年4月 (2)
                • 2014年2月 (3)
                • 2014年1月 (2)
                • 2013年3月 (1)
                • 2013年1月 (1)
                • ページトップへ