北麓草水

  • English
  • 简体中文

季節のおすすめ

紫外線対策

2014.04.22

いつの間にか、天気予報も花粉情報から紫外線情報が案内される季節になってきました。紫外線は目にみえるものではないので、ついつい油断してしまいがちですが、早めの予防や日々のこまめな対策が肌にとっても大切です。紫外線から肌を守るためには、体の外側から帽子、日焼け止めなどで紫外線を浴びる量を抑えることと、体の内側から抗酸化力のある食材を毎日、少しずつ摂って、紫外線を浴びてしまったことでできるシミのもとであるメラニンを抑制することです。北麓草水の今からのケアアイテムとしておすすめなのが、デイケアパウダーと月桃葉とトゲナシの顆粒です。

デイケアパウダーは、日常生活に適したSPF20 PA+になります。パウダータイプなのでさらっとした仕上がりで、細かい粒子のパウダーが余分な皮脂を吸収してテカリやベタつきも抑えます。肌の色にあわせて3色の中からお選びいただけます。

また、月桃葉とトゲナシの顆粒には、トゲナシやアセロラの抗酸化力のあるビタミンCがレモン1個分も含まれています。さらに、月桃葉にはコラーゲンを作る作用があるため、紫外線によって肌が受けたダメージを軽減することができます。かすかに酸味がありますが、後味がすっきりするので、水以外の紅茶や炭酸水などと一緒に飲んでも合います。

紫外線が強くなる前の今の季節だからこそ、毎日の予防と対策を行なって、すこやかな肌を目指しましょう。

デイケアパウダー ライトナチュラルオークル
月桃葉とトゲナシの顆粒

ページトップへ