北麓草水

  • English
  • 简体中文

季節のおすすめ

長月「モイストセラム」

2020.09.07


まだまだ暑さが残っていますが、少しずつ秋の訪れを感じる時季です。この頃の肌は過酷な夏の紫外線ダメージが溜まり、疲労を抱えています。疲労から生じる肌の不調を改善するために、しっかりと潤いを与え、早めのケアを行いましょう。モイストセラムは、様々な肌の悩みに対応する植物エキスをたっぷりと詰め込みました。暑い時季でも使いやすいオイルフリーのみずみずしい感触の美容液は、角質層にすんなりと浸透し、やさしく癒します。触れたくなるような、なめらかでやわらかく弾む肌に導く美容液です。
モイストセラム
30mL 4,180円 / 詰替25mL 3,465円

【16種の植物から採られたエキス】
モイストセラムには、甘茶蔓、山葡萄、生姜、柚子、蓬、ツボクサ、ドクダミ、甘草、イタドリ、オウゴン、梅、茶、姫風露、カミツレ、ローズマリー、ハトムギから抽出したエキスを配合しています。中でも、甘茶蔓は昔から健康茶として飲まれ、北麓草水が注目してきた植物。薬用朝鮮人参に含まれるサポニン類と同じような成分を80種類以上も含み、また、アクアポリンという肌のタンパク質に関与する成分も持っています。アマチャヅル葉エキスは肌を潤し、ハリを与えます。

姫風露は日本には12種類しか存在せず、日当たりのよい山地でみられるフウロソウ属の植物です。昔から「医者泣かせ」と言われ、タンニンを含んでいます。消化器系の不調や肌の発疹などの様々な症状に役立てられてきました。また、紫外線によるダメージに対応するため、化粧品にも使用されるエキスです。肌を引き締めるとともに、やわらかな弾力をもたらします。

山葡萄はポリフェノールや有機酸、鉄分を豊富に含み、その圧搾果汁は産前産後の滋養強壮や疲労回復のために古くから飲まれています。モイストセラムに配合している樹液は、春に芽吹くための貴重な栄養源となるものです。気に負担のないよう、必要な量だけを春先の2週間で収穫しています。糖やリンゴ酸などの有機酸、アスパラギンやグルタミンなどのアミノ酸を含み、肌の角質層に潤いを与えます。

9月1日(火)~30日(水)まで、店舗とオンラインストア(2日間サンプルキットおよび商品をご注文いただいた方)にて、モイストセラムのサンプルをお渡ししています。※数量限定のためなくなり次第終了となります。

2020年11月
« 10月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
カテゴリー
月別一覧
2020 (26) 
    2019 (27) 
      2018 (23) 
        2017 (22) 
          2016 (31) 
            2015 (27) 
              2014 (24) 
                2013 (2) 
                • 2020年11月 (3)
                • 2020年10月 (1)
                • 2020年9月 (4)
                • 2020年8月 (2)
                • 2020年7月 (1)
                • 2020年6月 (4)
                • 2020年5月 (3)
                • 2020年4月 (2)
                • 2020年3月 (2)
                • 2020年2月 (2)
                • 2020年1月 (2)
                • 2019年12月 (3)
                • 2019年11月 (3)
                • 2019年10月 (2)
                • 2019年9月 (4)
                • 2019年8月 (1)
                • 2019年7月 (2)
                • 2019年6月 (3)
                • 2019年5月 (1)
                • 2019年4月 (2)
                • 2019年3月 (3)
                • 2019年2月 (2)
                • 2019年1月 (1)
                • 2018年12月 (2)
                • 2018年11月 (4)
                • 2018年10月 (2)
                • 2018年9月 (1)
                • 2018年8月 (1)
                • 2018年7月 (1)
                • 2018年6月 (2)
                • 2018年5月 (2)
                • 2018年4月 (3)
                • 2018年3月 (1)
                • 2018年2月 (1)
                • 2018年1月 (3)
                • 2017年11月 (3)
                • 2017年10月 (2)
                • 2017年9月 (2)
                • 2017年8月 (1)
                • 2017年7月 (1)
                • 2017年6月 (2)
                • 2017年5月 (3)
                • 2017年4月 (2)
                • 2017年3月 (3)
                • 2017年2月 (2)
                • 2017年1月 (1)
                • 2016年12月 (2)
                • 2016年11月 (2)
                • 2016年10月 (4)
                • 2016年9月 (4)
                • 2016年8月 (1)
                • 2016年7月 (1)
                • 2016年6月 (4)
                • 2016年5月 (3)
                • 2016年4月 (3)
                • 2016年3月 (3)
                • 2016年2月 (1)
                • 2016年1月 (3)
                • 2015年12月 (2)
                • 2015年11月 (2)
                • 2015年10月 (1)
                • 2015年9月 (2)
                • 2015年8月 (2)
                • 2015年7月 (2)
                • 2015年6月 (2)
                • 2015年5月 (4)
                • 2015年4月 (3)
                • 2015年3月 (2)
                • 2015年2月 (2)
                • 2015年1月 (3)
                • 2014年12月 (2)
                • 2014年11月 (2)
                • 2014年10月 (1)
                • 2014年9月 (2)
                • 2014年8月 (3)
                • 2014年7月 (2)
                • 2014年6月 (3)
                • 2014年5月 (2)
                • 2014年4月 (2)
                • 2014年2月 (3)
                • 2014年1月 (2)
                • 2013年3月 (1)
                • 2013年1月 (1)
                • ページトップへ