• オンラインストア
  • お店のご案内
  • 柿(新倉柿)

    学名
    Diospyros kaki
    科名
    カキノキ科
    生産地
    山梨県富士吉田市
    抽出部位
    配合商品
    柿の葉とヒノキの湯

    山梨県の富士吉田市新倉地区には、先祖代々大切に守られてきた新倉柿(あらくらがき)という固有の品種があります。新倉地区は溶岩台地の上にあることから、水はけが良く、花が咲く頃に霧がかかることが無いために実がたわわに実ります。収穫した後は皮を剥いて、夜露があたらないように干して渋味を抜き、干し柿とします。葉は、ビタミンCなどの栄養成分が豊富に含まれているため、古くから柿の葉茶や柿の葉湯として利用されてきました。特に花が咲く前の葉には、栄養が豊富に蓄えられます。