北麓草水

  • English
  • 简体中文

みんなの習慣

Back
安部 深穂さん

vol.80 安部 深穂さん

鍼灸師<br>はりきゅう三方堂治療院経営

渋谷駅からほど近い線路沿いのビルの一室で、先代から引き継いだ歴史ある鍼灸院を営んでいらっしゃいます。見晴らしのよい部屋は、お灸の香りが漂い、落ち着いた色調で統一されたリラックスできる空間です。海外の豪華客船のスパで様々な国籍、体格、人種の方々へ施術をした経験から、施術自体が癒しになるような、やさしく、心地よい治療を心がけていらっしゃるそうです。渋谷駅からすぐの場所とは思えない静かな院内で、お話を伺いました。

日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?

安部さん
毎日、自分にお灸をしています。
北麓草水
一日の中で、どんなタイミングでお灸をされるのですか?
安部さん
時間は決めていないのですが、寝る前や仕事の合間など、思いついたタイミングで毎日必ずしています。
北麓草水
毎日お灸をすることで、どのようなよいことがあると感じていらっしゃいますか?
安部さん
お灸をすることで、自分の体と向き合う時間が取れます。東洋医学では、外因、内因と言って、季節の変化などの外的な原因や精神的なストレスが影響しあって体調を崩すと言われています。その日にあった色々なことで自分の体の状態も変わっています。その時の症状に合うツボにお灸をするので、例えば今のような季節の変わり目で、疲れや水分が体に溜まって、体が重くだるく感じたり、頭が痛い時にはむくみのツボにお灸をします。 その後は十分に睡眠をとって、次の日の朝にはすっきりと症状がなく目覚められるように、疲れや不調はその日のうちにケアして、取り除くように心がけています。
北麓草水
それは素晴らしいですね。体に不調や気になる所がないというのは、理想の状態ですね。私は鍼灸の治療を受けたことがないのですが、鍼灸治療のことをわかりやすくお話ししていただくことはできますか?
安部さん
簡単に言うと、はりと、お灸を使って内臓や神経に働きかけ、心や体の機能を調整する施術です。体には360以上のツボがあって、五臓六腑の症状と関係があるとされています。寝つきが悪い、胃の調子が悪い、生理不順など症状に合わせたツボを選んではりとお灸をして、見た目や体の感じと検査の数値に変化が出るかを追っていきます。三方堂には先代の頃からアトピー、不妊、円形脱毛症の方が多く見えています。どんな症状で来られている方でも、不眠、便秘、足の冷えなどが共通しているのですよ。気持ちよく眠れるようになると、主訴の状態がよくなることが多いので、全身の状態が影響しているのだなと感じます。 特に大きな病気がなくても、なんとなく調子が悪い未病のうちに先回りをして、その人の体の状態を感じて、いつでもよいコンディションに保っていただくようにしています。妊活がきっかけで来院されて、現在はお孫さんがいらっしゃる位、長く通ってくださる方もいるのですよ。
  • イメージ1
  • イメージ2

その他に大切にしていること、習慣にしていることは何かありますか?

安部さん
散歩をよくします。仕事で一日中、鍼灸院で座ってばかりなので、外に出て外の空気を感じることを心がけています。そういえば、治療院の前の線路沿いの道には、ずっとヨモギが生えているのですよ。
北麓草水
お灸で使うもぐさは、ヨモギの葉の細かな毛でつくられているのですよね。
安部さん
春になると、それまで枯れ草色だった道に、ヨモギが小さな緑の葉を出して、夏には1mほどの草丈になります。日々変わる身近な自然を感じることも散歩の楽しみです。それから、月に一度毎月第一日曜日に、自由が丘で開かれる「SLOW MARCHE」という市場に参加しています。オーガニックの食材やビストロのお惣菜、手作りアクセサリーやオーガニックコットンのお店など、素敵なお店が集まって開かれます。そこで私もお灸のワークショップを開いています。マルシェでは気軽に多くの方にお灸の気持ちよさを体験してもらっています。たくさんの人と会ってお話をして、楽しい時間を過ごしています。お近くの方は是非遊びにいらしてください。(SLOW MARCHE :https://www.slow.gifts

お話を伺った後に、初めての体験で安部さんの鍼灸を受けさせていただきました。それまでは体にはりをさすことに、少し怖さを感じていたのですが、はりとお灸を組み合わせた施術は、とても心地よく体全体がリラックスできました。施術をしながら、わかりやすく自分では気づかない体の状態を教えてくださって、自分のことを知ることができ、とてもよい経験でした。安部さんとご主人で、リフォームされた内装の自然の素材感と色は、北麓草水のお店のイメージを参考にしてくださったという嬉しいお話も聞かせていただきました。ありがとうございました。

ページトップへ