• オンラインストア
  • お店のご案内
  • みんなの習慣

    vol.122

    鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師

    宮腰あずささん

    会社員を経て鍼灸学校に通い、国家資格を取得、現在は鍼灸院で日々人の体と向き合いながらお仕事をされている宮腰さん。体は生活習慣や遺伝の影響も大きく人それぞれなので、患者さんから多くのことを学ばせてもらっていると語る宮腰さんに、すこやかな心身を保つための習慣について、お話を伺いました。

    日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?

    • 宮腰さん

      何も考えない時間をつくることです。現代は自分から求めなくても、日常的に身の回りに情報が溢れています。脳は活性化したいので、無意識に刺激を求めてしまうのです。

      北麓草水

      本当にそうですね。電車に乗っていても、車内のモニターにニュース映像が映し出されるとつい見てしまいます。一人で過ごす時間も、なんとなくスマートフォンを手にして、様々な情報を探している毎日です。何も考えない時間というのは、どのようにつくられているのですか。
    • 宮腰さん

      情報源となるものから離れ、自分の呼吸に意識を集中する時間を数分持つようにしています。以前はスマートウォッチを使っていましたが、今はジョギングをしているので、その時間が何も考えない時間になっています。遠くに見える山の稜線を見ながら川沿いを走っていると、いろいろなことが頭に浮かんできます。浮かんだことを考えることはせず、ただ眺めていると自然に消えていきます。すると、走ったあとは体も頭もすっきりしていますね

      北麓草水

      そのような時間を持つことで、何か変化はありましたか?
    • 宮腰さん

      自然に頭の中が整理されるのか、以前考えていたことの答えがフッとわくようになりました。ジョギングで何も考えない時間がつくれているので、特別に時間をつくることも減りました。体のことでいえば、ランニングの効果になりますが、インナーマッスルやお尻の筋肉が鍛えられるので、以前より歩幅が広くなり、歩いたり動いたりすることが楽に感じます。

      北麓草水

      それは素晴らしいですね。ご自身に合ったペースのジョギングは、様々なよい変化をもたらしてくれたようですね。

    その他に大切にしていること、習慣にしていることはありますか?

    • 宮腰さん

      月に一度は登山やトレッキングなど、自然とふれあう機会をつくっています。遠くの山でなく、日帰りで気軽に行ける低山が多いですね。

      北麓草水

      どんな山に行かれたのでしょうか、また山での楽しみをお話しいただけますか?
    • 宮腰さん

      奥多摩や青梅、高尾周辺が多いです。昨年は尾瀬や百名山の大菩薩嶺に行きました。麓近くには温泉が多いので、下山後は温泉で汗と疲れを流して帰るというのが楽しみです。低山でも頂上からの眺めは素晴らしく、四季折々の自然を楽しんでいます。また山でのご飯も楽しみのひとつです。その土地のものを食べることもあれば、シングルバーナーを持って行き、簡単な調理をして食べることもあります。体を動かして自然の中で食べる山ごはんは、景色と相まって格別なおいしさです。落ち着いた気持ちでじっくりと患者さんに向き合うためにも、休日は自然の中に身を置くようにしています。

      北麓草水

      ご自身のペースでお仕事とプライベートととても充実された日々を送られている宮腰さんですが、何か心がけていらっしゃることはあるのですか?
    • 宮腰さん

      しっかり栄養をとって、体力づくりをすることです。具体的には体の細胞のもとになる、タンパク質をしっかり摂るようにしています。鶏の胸肉に、野菜スープと消化のためにお粥にした玄米、納豆を毎朝食べるようにしています。実は、今度はじめてフルマラソンを走るのですが、何事も興味を持ったら、まずやってみることも心がけています。そんな実体験の積み重ねが、自分自身の財産になるのではないかと思います。

    こちらの質問にひとつひとつ丁寧に言葉を選びながら答えてくださった宮腰さん。ひとりひとりの患者さんに向き合い、何がその方の症状の原因なのか考え続けている宮腰さんの姿勢と真面目な人柄が伝わってきました。自分自身の声に耳を傾けることは、心身の健康と幸せに生きることに繋がるということを、宮腰さんの姿から教えていただきました。ありがとうございました。(2023年1月20日公開)