北麓草水

  • English
  • 简体中文

みんなの習慣

Back
岡本瞳さん

vol.86 岡本瞳さん

ヨガインストラクター<br>全米ヨガアライアンスRYT500認定インストラクター

明るい笑顔ときれいな姿勢が、美しさをさらに引き立てている岡本さん。ヨガインストラクターとして、様々な年代の人にヨガの楽しさを伝えていらっしゃいます。また、学ぶことが好きで、常に勉強をしていたいと語られ、現在も法律に関する資格を目指して、勉強を続けていらっしゃいます。努力を続けて、着実に夢を実現していく岡本さんに、毎日の習慣についてお話を伺いました。

日々暮らす中で習慣にしていること、大切にしていることはありますか?

岡本さん
どんなに忙しい時でも、自分と向き合う時間を持つようにしています。現代は情報過多の時代で、情報を得ることに意識が向きがちになっていると思います。溢れる情報に振り回されずに、本当に自分は何を思って、何を正しいと感じているのかをわかるために、自分と向き合う時間を大切にしています。
北麓草水
岡本さんのおっしゃる通りですね。そのように考えるようになったきっかけがあれば教えてください。自分と向き合う時間とは、どのような時間なのかお話いただけますか。
岡本さん
私は周りの環境に、影響を受けやすいタイプだと思っています。日々見聞きする情報にも、気づかないうちに影響を受けていると思います。そんな自分でも人や情報に流されるのではなく、自分の意思で選択をして、人生を歩みたいと強く思ったことがきっかけです。毎日の生活の中で、自分と向き合うために瞑想の時間をつくるようにしています。何か迷いがある時でも、瞑想をした後は意識がクリアになって、自分が本当に望むことを選択することができるように思います。
北麓草水
ヨガをされることも、そのような時間の一つなのでしょうか。
岡本さん
まさにそうです。ヨガは動く瞑想とも言われ、深く自分の体と心に向き合うことができる時間になります。インストラクターとしてヨガを教えているだけでは、自分が成長し続けることは難しいと思っています。インストラクターになった後も、他の先生のレッスンを受けています。同じポーズをしても、その日によってできることや感覚が違い、それが面白いところでもあります。体はいつでもサインを出しています。それに気がつかないで、体のサインを無視してしまうことを続けていると、小さなことが蓄積して思わぬ怪我や不調につながってしまうこともあります。心と体がつながっていれば、自然と無理な行動はしないようになると思います。それは、ヨガに関することだけではなく、日常の生活の中にでも通じることだと思います。常に自分の心も体も変わり続けているので、自分と向き合う時間を持って、精神的にも体力的にも無理をしないでいると、他人とも自然体で向き合えるようになると思っています。
                    
  • 岡本瞳さん イメージ
  • 岡本瞳さん イメージ

その他に大切にしていること、習慣にしていることは何かありますか?

岡本さん
自分の体は食べたものでできているので、「食」を大切にしています。私たちの周りには、美味しくて体によいものがたくさんあります。それを知り自分にとって必要なものを食べるようにしています。
北麓草水
食習慣として、日頃からどのようなことをされているのか教えていただけますか?
岡本さん
あまり加工をされていないものを食べるように心がけています。加工食品でも、食材の元の姿がわかって、食材の持つ風味や味が生かされているものを選ぶようにしています。塩、醤油、みりん、酒、味噌などの調味料は、原材料にこだわり、昔ながらの製法で丁寧につくられたものを選ぶようにしています。
北麓草水
食を大切にされるようになったきっかけがあれば、教えていただけますか?
岡本さん
学生の時に親元を離れ、一人暮らしを始めました。その頃は食の大切さに全く気がついていなかったので、食べることに意識を向けていませんでした。外食や不規則な食生活で、学生生活も忙しく、自分の体の状態にも意識を向けることなく過ごしていました。気がつくと、体調はすぐれず肌もくすんで、気持ちも不安定な状態になっていました。このままではいけないと、食生活を含めた生活習慣を見直しました。規則正しく体によいと言われる食事をしてみたのですが、しばらく続けると、全く美味しいと感じることができなくなり、食欲もなくなって、さらに体調もすぐれなくなってしまいました。振り返って考えてみると、自分の体や心の状態を無視して、頭でばかり考えて、体によいとされるものを食べようとしていたのだと気がつきました。そして、心と体を満たす食事が大切なのだと気がつきました。また一人一人、その時の体調や体質が違うので、様々な健康情報で体によいとされる食品でも、万人に合うということではないと思います。一人一人好みも違いますから、日々何が自分に必要なのかを考え、感じることが大切だと思っています。今は友人とカフェに行ったり、外食をすることも楽しんでいます。
北麓草水
心と体を満たす、ご自身に合った食事を大切にされているのですね。そのようにされて、何か変化したことはありますか?
岡本さん
食を大切にするようになって、変わったことはたくさんあります。まず、心身の不調が改善しました。自分の今の体の状態を敏感に感じられるので、大きく体調を崩すことがなくなりました。最近では、食べたものに対しての体の反応が早くなって、自分でも驚いています。そして自分の体質に合うものもわかってきたので、これからも楽しみながら、自分の食生活を通して食と体の関係を探求して行きたいです。

20代の若さでありながら、食、体に関しての深い知識を持っていらして、それを実践されている様子には、感心してしまいました。何事にも探究心を持って、自分が納得するまで一生懸命に取り組まれている様子は、ご自分でもおっしゃるように、真面目すぎて自分を追い詰めてしまうのかもしれない、とも感じました。しかし、それが岡本さんの素晴らしさであり、強さにもなり、また新しい扉を開くことに繋がっているのだろうと思いました。心と体の調和がとれて、今がとても充実されていることが、声の張りや肌、髪の輝きからも感じられました。北麓草水のスキンケア商品をご愛用くださっていることもお話いただきました。ありがとうございました。

ページトップへ